トップページへ戻る

これからの金属屋根とはMetal roof

仙臺屋根屋 菊地板金工業が考える、これからの金属屋根とは…

ここ数年、地球温暖化による海水温の上昇に伴い、台風の大型化が顕著となり2018年の台風21号、2019年の台風15号では50m/sを超える最大瞬間風速を各所で記録したほか、最大降雨量の更新が多発しています。

異常気象が今後も続く中で、人びとの生活と安全を守る屋根・外壁の役割は、これまでにも増して大切になってきています。

強風による屋根の被害を防ぐには、風荷重の適切な算定とその荷重に耐えうる屋根・外壁を作り上げる基礎となる強度確認をしっかりと行うこと、屋根の棟、けらば、軒先などの負圧の大きくかかる部位において入念な「納め」を実施することです。

これからも台風・大雨に対する金属製屋根・外壁の安全性を高めていきたいと思います。

強風で剥がれた棟板金▲ 強風で剥がれた棟板金
地震で崩れた棟瓦▲ 地震で崩れた棟瓦
強風で割れたコロニアル屋根▲ 強風で割れたコロニアル屋根
大雨による屋根裏の雨染み▲ 大雨による屋根裏の雨染み

定期的に起こる 地震について

まだ鮮明に記憶に残る平成23年の、3/11大震災を乗り越えてきましたが令和3年2月・3月の地震に続き、令和4年3月16日にも最大震度6強の地震が起きています。

今回(令和4年3月16日)の地震は、小刻みな横揺れが長く続いたため、被害を受けたお客様の屋根や外壁を拝見するとひび割れ・ズレ・崩れがだいぶ多く感じられました。やはり屋根や外壁は、とりあえず部分的に補修で終わらせてしまうと度重なる地震で、繰り返し損傷してしまいます。

何十年後も安心して生活出来る屋根・外壁を、これからも作り上げていきたいと思います。

令和3年2月社屋改修工事▲ 令和3年2月の地震で外壁損傷しました。仙臺屋根屋 社屋改修工事
令和3年2月の地震による外壁損傷▲ 令和3年2月の地震による外壁損傷
令和3年2月外壁剥がれ部分▲ 令和3年2月の地震での外壁剥がれ部分
令和4年2月外壁改修工事▲ 令和4年2月に外壁改修工事施工
令和4年3月16日社屋▲ 外壁改修工事完工して間もなく令和4年3月16日に福島県沖マグニチュード7.4(震度6強)を観測しましたが、弊社の新しい外壁には何一つ損傷やズレ等は見受けられませんでした。

© 仙台市の屋根工事、外壁工事、雨漏り工事なら株式会社菊地板金工業
建設業許可番号:宮城県知事許可(般-3)第22640号|仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6477591号商標です