工事ご依頼の流れ

屋根・外壁工事の頼れる
課題解決のパートナーとして
お役立てください!

しっかりとしたヒアリングから導く納得の工事提案と、迅速・確実な施工がモットーです。
施工後は屋根・外壁のホームドクターとして、いつでも迅速に対応します。

ご依頼全体の流れ

  1. 1

    無料調査

    場所・日時をお伺いし、現場を確認させていただきます。

  2. 2

    工事プランと
    お見積の作成

    工事(補修)の緊急度やご要望を総合的に取りあわせて、工事計画をご提案します。

  3. 3

    ご契約

    各種工事のご発注に際して必要な契約をいたします。
    このときに施工スケジュールもご案内いたします。

  4. 4

    工事着手

    事前に弊社から近隣の方へごあいさつをいたします。工事はご提案内容に沿って着工し、音・ほこり・養生などにしっかり配慮しながら施工します。

  5. 5

    工事完了報告

    工事完了をお伝えし、工事標準保証書を発行します。

  6. 6

    アフターフォロー

    お気づきのことがありましたら、工事完了後も気軽にご連絡ください。

屋根リフォーム工事の
主な流れ

  1. 1

    現地調査と評価

    専門スタッフが既存の屋根を詳細に調査し、屋根材の種類、状態、損傷の程度をチェックします。
    屋根の構造、耐荷重能力、既存屋根材の状況を評価し、最適な工事内容を診断します。

  2. 2

    設計と材料選定

    既存の屋根との相性、お客様の予算、地域の気候条件に基づいて最適な新しい屋根材を選定します。
    屋根のサイズや形状に合わせた設計図を作成し、効果的な水の流れや遮熱性能を考慮します。

  3. 3

    既存屋根の準備

    既存屋根の補修が必要な場合は、破損した部分の修理や必要な部分の強化を行います。
    屋根の清掃を行い、新しい屋根材を設置するための準備を整えます。

  4. 4

    新しい屋根材の
    設置

    新しい屋根材を慎重に既存の屋根の上に重ね、固定します。
    屋根材の連結部分や端部には特に注意を払い、完全に密閉されていることを確認します。

  5. 5

    付帯工事の実施

    雨樋の位置調整や新しい雨樋の設置を行います。
    換気設備や防水処理など、屋根の機能性を向上させるための付帯工事を行います。

  6. 6

    完成と
    最終チェック

    工事が完了した後、全体のチェックを行い、漏れや不具合がないかを確認します。
    お客様に工事の完成を報告し、最終確認を依頼してお引渡しをします。

外壁リフォーム工事の
主な流れ

  1. 1

    現状の外壁の
    チェックと測定

    外壁の現状を詳細にチェックし、工事に必要な材料の量を正確に測定します。既存の壁の状態(ひび割れ、腐食、変形など)を評価し、最適な工事内容を判断します。また、新しい外壁材を取り付けるための正確なサイズ測定が必要です。

  2. 2

    下地の準備

    カバー工法では、新しい外壁材を支えるために、既存の壁に下地材を設置します。このステップでは、既存の壁面に必要に応じて補強材を取り付け、新しい外壁材を安定して取り付けられるようにします。

  3. 3

    防水・断熱材の
    施工

    外壁の耐久性と快適性を高めるために、防水シートや断熱材を設置します。これにより、水漏れや結露を防ぎ、冬は暖かく、夏は涼しく保つことができます。

  4. 4

    新しい外壁材の
    取り付け

    下地が整った後、新しい外壁材を丁寧に取り付けます。この工程では、外壁材の種類に応じた専門的な技術が必要となります。材料の取り付け方やジョイント部分の処理に細心の注意を払います。

  5. 5

    シーリング
    仕上げ作業

    新しい外壁材の継ぎ目や隙間にシーリング材を充填し、水密性を確保します。この工程は、将来的な問題を防ぐために非常に重要です。最終的な仕上げとして、きれいな外観を実現します。

  6. 6

    最終チェックと
    クリーニング

    全ての工程が完了した後、最終的なチェックを行い、施工箇所の清掃を行います。これにより、新しい外壁が正しく機能することを確認し、お客様に引き渡し準備を整えます。

雨漏り工事の
主な流れ

  1. 1

    状況調査

    専門スタッフが屋根を詳細に調査し、雨漏りの原因を特定します。屋根の損傷部分、材質、経年変化などを確認し、最適な修理方法をご提案します。

  2. 2

    修理計画と
    お見積の作成

    調査結果に基づき、修理計画を立て、御見積書をご案内いたします。工期、必要な材料、コストなどを明確にし、お客様のご要望に基づいて合意を得ます。

  3. 3

    準備作業

    工事に必要な材料を準備し、屋根や周囲の安全を確保します。必要に応じて足場を組み、作業エリアを設定します。

  4. 4

    修理作業

    実際に雨漏りの原因となっている部分の修理を行います。損傷箇所の除去、新しい材料の取り付け、防水処理などが含まれます。

  5. 5

    完成検査

    修理が完了したら、品質を保証するための検査を行います。雨漏りが解消されていること、新しい材料の適切な取り付けなどが確認されます。

  6. 6

    後片付けと報告

    作業エリアの清掃を行い、使用した材料や道具を撤去します。最後に、行った作業の詳細をお客様に報告し、今後のメンテナンスのアドバイスをご提供します。

雪止め工事の
主な流れ

  1. 1

    状況調査

    まず、屋根の状況を詳細に調査します。屋根の種類、傾斜、雪の量や種類を考慮し、最適な雪止めの種類と設置位置を決定します。この段階で、お客様のニーズや予算も考慮に入れ、設置計画を策定します。

  2. 2

    材料の選定と
    準備

    選定した雪止めの種類に応じて、必要な材料を準備します。耐久性、重量、デザイン、屋根材との互換性などを考慮して材料を選び、適切な数量を準備します。

  3. 3

    安全対策の実施

    設置作業に先立ち、安全対策を徹底します。足場の設置、落下防止ネットの設置、安全帯の使用など、作業員の安全を確保するための措置を講じます。

  4. 4

    雪止めの設置

    雪止めを屋根に固定する作業を行います。屋根の種類や傾斜に合わせて、雪止めを均等に配置し、専用の固定具でしっかりと取り付けます。

  5. 5

    確認と調整

    雪止めが正しく設置されたかを確認し、必要に応じて位置の調整を行います。この段階で、雪止めの強度や安定性を再確認し、問題がないかチェックします。

  6. 6

    最終チェックと
    クリーニング

    設置が完了したら、最終的なチェックを行い、作業中に発生したゴミや余分な材料を清掃します。お客様に作業内容を説明し、満足していただけるような仕上がりを目指します。