会社概要

会社概要

屋号
仙臺屋根屋
運営会社
株式会社菊地板金工業
所在地
〒984-0002
宮城県仙台市若林区卸町東2丁目8−24
電話
022-355-7442
FAX
022-355-7443
E-mail
info@kikuchibankin.com
創業
2001年(平成13年)4月
設立
2011年(平成23年)12月
代表者名
菊地 正秀(きくち まさひで)
役員数
2名
資本金
300万
決算月
3月
従業員数
4名(2024年3月現在)
事業内容
戸建や集合住宅などの屋根工事・外壁工事・雨どい工事・塗装工事・防水工事等の新築・リフォーム工事全般
屋根、外壁の漏水診断と建物に関するコンサルティング
建設業許可番号

宮城県知事許可(般-3)第22640号

商標登録

仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6477591号商標です。

主な取引先
  • 個人のお客様
  • 株式会社 あいホーム
  • 株式会社 T-plan

など(順不同・敬称略)

取引先銀行
七十七銀行 卸町支店
アクセスMAP

経営理念

人々と社会のための
安心・安全と共生の実現

私たちの会社は、創造的な挑戦と変革を通じて人々の生活の基盤となる家屋を守り、最高品質の住環境へ改善することで安心・安全と快適さを保証します。我々は、お客様、従業員、地域社会とともに成長し、持続可能な社会への貢献を目指します。全ての活動は人々の笑顔と物心両面の幸せの追求にフォーカスします。

ビジョン

「幸せ実感度オンリーワン企業になること」に
挑戦し続けます

バリュー

ご挨拶

代表取締役 菊地 正秀

この度は私たちのウェブサイトをご訪問いただき、心から感謝申し上げます。
当社は「人々と社会のための安心・安全と共生の実現」という経営理念のもと、常に革新と挑戦を続けてまいりました。
この理念は、私たちが日々行うあらゆる活動の核心であり、お客様一人ひとりの笑顔と幸せを追求する原動力となっています。

「幸せ実感度オンリーワン企業になること」をビジョンとし、私たちはお客様との深いつながりを大切にし、質の高いサービスと価値を提供することに邁進しています。
社員一人ひとりがこのビジョンに共感し、それぞれの役割を全うすることで、私たちはより良い社会の実現に貢献しています。

当社は、社員一人ひとりが「人とつながって笑顔」を実感できる職場環境を提供することを重視しています。
私たちのバリューは、「課題に挑戦して笑顔」と「物心両幸の実現」に集約され、それぞれが私たちの文化と行動を形作っています。
これらの価値観は、私たちが直面するすべての挑戦を乗り越え、未来へと進むための原動力です。

これからも、私たちは革新的なサービスの提供、社会への貢献、そして何よりもお客様と社員の幸せのために、日々努力を重ねてまいります。
私たちの旅はまだ始まったばかりですが、皆様とともにこれからも前進していきたいと心から願っております。

皆様の継続的なサポートと信頼に深く感謝申し上げるとともに、今後ともご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

私、菊地のちょっとしたプロフィールです。是非、QRコードをお読みください。

建築板金業とは

建築用の金属板を加工して、屋根・外壁・雨どいなどの工事を行うことです。 近年の金属建材は、「ガルバリウム鋼板」などの特殊鋼板で、軽く、錆びにくく、耐久性が非常に高いです。遮熱性・防音性も高く、デザインも豊富なことから一般的に広く利用されています。私たちは屋根・外壁の施工はもちろん、雨どい、ステンレス貼り、銅板加工などの、金属建材の幅広い施工に対応しています。 建築板金の施工は、金属板を曲げて成形する手作業の工程が欠かせません。丈夫で長持ちする屋根や外壁への施工を行うためには、知識と技術が必要です。仙臺屋根屋は、その専門技術に誇りを持っています。

沿革

2001年(平成13年)
仙台市宮城野区にて創業
2006年(平成18年)
多賀城桜木に移転
2011年(平成23年)
東日本大震災の後、同12月に株式会社菊地板金工業を設立。
2015年(平成27年)
社屋を現在の仙台市若林区卸町に移転 大型の切断機・折曲機等を社屋に導入
2016年(平成28年)
オリジナルWEBサイト開設
2021年(令和03年)
社屋の外壁カバー工法によるリフォーム工事を竣工

仙台市バスのボディ広告掲載

仙臺屋根屋の広告が入った仙台市バスが走行中です。ぜひ探してみてください。