コラムcolumn

カバー工法に適した屋根・むずかしい屋根

きょうは、ご質問の多い内容にお答えしようと思います。
カバー工法の特徴をお知りになり、賢い工事をご選択ください。

近ごろ人気の「カバー工法」は、別名「重ね葺き(かさねぶき)」といって、
今ある屋根の上に新しい屋根を葺くリフォーム方法のことです。

1

メリットはもとの屋根を撤去しないぶん、
撤去の工期費用と、廃材の廃棄費用がかからないことです。

新しい屋根材としては、ガルバリウム鋼板や、アスファルトシングルなどが一般的。
屋根が二重になりますが、
軽量で耐久性が高い建材だからこそ普及したリフォーム工事です。

なお、デメリットとしては、将来メンテナンスが必要になったとき、
屋根構造が複雑になるぶん、工事費用が高くなる傾向があることもメモしておきます。

カバー工法のリフォームに適した屋根

1. 凹凸の少ない素材の屋根

→ スレート/コロニアル・カラーベスト、金属屋根など

2

特におすすめしたいのは、古いスレート屋根の方。
2004年以前のスレートは強度をもたせるために、アスベストが利用されています。
カバー工法は、撤去時のアスベストの飛散を防ぐ養生や、特別な資格を必要とする廃棄処分の費用がかかりません。
アスベスト対策にもなります。

カバー工法のリフォームをおすすめしない屋根

1. 厚みや波のある建材の屋根

 →日本瓦 / 陶器やセメントなど

金属材を屋根にしっかり固定できないためです。
なお、やはり仙台近郊部で瓦屋根の外観は人気が高く、軽量で上質な金属瓦への葺き替えのご依頼が見られます。

3

2. 傷みが激しい屋根

とくに、雨漏りする屋根の場合、屋根の下地材が腐食していると、白アリを呼びこむこともあります。
この場合は、屋根材を撤去して、痛んだ下地材を新調します。
一見コストがかかりそうです。でも、屋根を補強し、今後長期にわたってメンテナンスがほぼ不要の鋼板で新調すれば、長い間に節約になる点はポイントです。
菊地板金工業(仙臺屋根屋)では、場合によって、本職の家大工に修理を手配することもできます。
(撤去と新調の工期は、ご案件ごとに変わりますが、弊社では2〜3日前後です)。

3. 今後30〜40年にわたって住み継ぐ計画のある家

こちらは施工主様の生活設計にあわせてのチョイスになります。
今の家に長く住む計画があるなら、屋根の下地の状態も確認&ケアできる「葺き替え」は、
耐久性の点で優れたメリットと言えるでしょう。

4

工事のメリットデメリットについてもっと知りたい方は、気軽にお問合せください。
以上、ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

JP屋根屋さんJP屋根屋さん

© 2016 株式会社 菊地板金工業|仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6098602号商標です