料金についてcost

明朗会計、費用も安心できる工事を行います。
お見積もりはシンプルに、分かりやすく。
ご不明点には工事法までていねいにお答えして、施主様のご満足を第一に考えます。

下は、今の屋根を外して新しい屋根へと新調する「葺き替え工事」の時の費用項目です。内訳のベースは、屋根の材料費&施工費用と、足場の設置代といった工事周辺の費用です。屋根代も足場代も、基本は施工面積から算定します。
なお、今ある屋根の上に屋根をかぶせるカバー工法(重ね葺き)では、古い屋根の撤去と廃材処分の費用はかかりません。

屋根の材料費と施工代

  • ・各種屋根材の材料費とその施工代
  • ・ルーフィング(下地の防水シート)の材料費と張り替え費用
  • ・野地板(下地板)の木材費と張り替え費用

古い屋根材の撤去と処分代

  • ・屋根材の取外し施工と廃棄処分の費用
    (葺き替えのみ)

別途項目

  • ・屋根の「役物(やくもの)」の費用と施工費用
  • ・足場の設置費用
  • ・その他運搬搬入費用、諸経費、管理費

※ 役物とは、屋根のヘリや接合部などを化粧仕上げする「ケラバ」などの小さなパーツのことです。

こちらは一般の方にはあまり知られていない費用かと思います。
勾配の急な屋根、複雑に重なった屋根など、屋根の形状によって算定は少し変わってきます。その理由をご説明します。

急勾配の屋根のとき

屋根勾配は、伝統的に「寸」で表現されます。これは横方向の10寸(約30.3cm)に対して、立ち上がり部分の寸法がいくつあるかを表す数字です(図)。
急勾配の屋根については、施工費用を少し割増ししたお見積もりを出させていただいています。

たとえば一戸建ての屋根の勾配は、一般に4寸(約21.8度)以内。6寸(約30.9度)以上になると「急勾配」と言われます。急勾配屋根は、足場作業に慣れた専門職の技能が必要な場所です。また、職人の施工用に足場を屋根の上にもかけることがあり、そのぶんを算定します。
なお、急勾配の屋根は雨漏りを起こしにくいなどのメリットがありますが、一方で、屋根面積が増える現象があります。こうした点も施工内容の差になってきます。

屋根の勾配

cost_col01-1

4寸勾配

cost_col01-2

6寸勾配

尺度法による勾配 角度°
1寸 2.8624
1寸5分 8.5308
2寸 11.3099
2寸5分 14.0362
3寸 19.2900
3寸5分
4寸 21.8014
4寸5分 24.2277
5寸 26.5650
5寸5分 28.8108
6寸 30.9638
6寸5分 33.0239
7寸 34.9920
7寸5分 36.8699
短勾配(10寸) 45.000

形状が複雑な屋根のとき

複雑な屋根とは、例えば「寄棟屋根」(よせむねやね)や「入母屋屋根」(いりもややね)などのことです(図)。
屋根に面が多く、屋根の尾根にあたる装飾的な「棟」(むね)部が多いことから、棟や役物の施工数のぶんの算定が入ります。ほか、幾層か重なった屋根は、壁との「取り合い」(接合部)など防水施工の必要な箇所が多くなる傾向があり、こちらも算定の対象になります。

弊社では、施主様の屋根のデザインなどから導かれる施工を適切に判断し、わかりやすい形で誠実にお伝えできるお見積書を作成しています。
分からない点については、どのようなことでもていねいにご説明いたします。

上から見た屋根

cost_col02-1

切妻屋根(きりづまやね)

cost_col02-2

寄棟屋根(よせむねやね)

cost_col02-3

入母屋屋根(いりもややね)

スレート屋根のアスベストの飛散防止
規制前に施工したスレート屋根・カラーベストなどは、アスベスト(石綿)を含んでいます。葺き替えや塗装での洗浄時には、健康被害を考え近隣への飛散防止対策を取る必要があります。飛散防止ネットなどを使用します。

菊地板金工業(仙臺屋根屋)による、費用の算定基準のご紹介です。
私たちは屋根・外壁施工の専門業者として「分かりやすい」「信頼できる」「適正価格」の明朗会計をご提供しています。
ご不明点は気軽にご質問ください。

屋根工事の目安(基本単価)

工事項目 単価
既存の古い屋根材の撤去* 1,500〜 円/1m²
撤去した屋根材の廃棄処理* 通常は撤去費用に含めることが多い
屋根下地の補修(梁、野地板など) 1,500〜 円/1m²
ルーフィング(防水シート) 500〜 円/1m²
新しい屋根材 5,000〜 円/1m²
足場架設工事 800〜 円/1m²
その他・オプション/単独工事など
断熱材追加 1,500〜 円/1m²
遮音材追加 500〜 円/1m²
屋根裏(小屋根)換気材取付/棟換気 (足場別途) 30,000〜 円/1箇所
雨どい・雪止め 工事費用の目安
雨どい全変更(軒樋・足場別途) 2,300〜 円/1m
雨どい部分変更(足場別途) 3,000〜 円/1箇所
雪止追加取付(足場別途) 450〜 円/1箇所

*「葺き替え工事」のときのみ /(費用は、屋根の形状などでも変わります)

単価表ミニ知識

「撤去屋根材の廃棄処理」

通常は撤去代に含まれます。含まれない場合とは、アスベストが含まれたスレート屋根材の廃棄など、特別な処理方法が義務づけられているときです(「カバー工法」を選択することで、屋根材を撤去しない工事を行うこともできます)。

「屋根下地の補修」

屋根下地の補修は、現場の損傷状況などを拝見して、補修の度合いを判断させていただきます。現場写真なども交えて工事プランをご確認するのでご安心ください。

「雨どい・雪止めの工事」

屋根のリフォームの場合、新しい雨どい・雪どめの施工も一緒に行うのが一般的です。
もちろん、劣化した雨どいの単独補修工事も承ります。部品1つの取り替えからお申しつけください。

「棟換気」(むねかんき)

「棟換気」は、屋根の”尾根”にあたる「棟」の内部に換気孔を設けます。これにより、屋根裏(小部屋)に空気の流れを作って熱や湿気を排出。家の基材を腐食や害虫から守って、住まいの耐久性を向上させます。

〇外壁工事についても基本の考え方は同等です。詳細は気軽にお問合せください。

JP屋根屋さんJP屋根屋さん

© 2016 株式会社 菊地板金工業|仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6098602号商標です