雨樋(あまどい)修理・交換 仙台市 宮城県全域でのご対応の他、福島県、山形県、岩手県のお客様へのご対応も可能

仙臺屋根屋仙臺屋根屋

屋根と外壁のリフォーム 仙臺屋根屋

仙台市・宮城県全域でご対応します
雨樋
修理・交換

仙臺屋根屋(せんだいやねや)は屋根工事専門のサービスです。仙台市、宮城県全域でのご対応の他、福島県、山形県、岩手県のお客様へのご対応も可能です。

雨樋(あまどい)とは

雨樋には、屋根を流れてくる雨水を集めて雨水(うすい)マスなどの排水設備や地中に流す役割があります。雨樋は屋根に降った雨水が建物の外壁や土台を傷めることを防いでいます。

Check!

雨樋がないと、屋根から落ちた雨水が地面に水たまりを作ることがあります。水たまりができてしまった地面は湿気が高く、建物に様々なトラブルを引き起こします。また、地面から跳ね返った雨水が建物の外壁を濡らしてしまうこともあります。もし外壁にひび割れがあれば、雨水が外壁の内部に浸入する可能性もあります。

雨樋の種類には、軒樋(のきどい)=横樋、竪樋(たてどい)=縦樋がある。

▲ 雨樋の構造

雨樋が壊れる理由

  • 20年以上の使用による劣化
  • 夏場と冬場による塩化ビニルの伸縮によるひび割れ
  • 支持金物(樋金物)のサビや折れ、雪の重みでの曲がりなどで、雨樋がたわんで(ゆがんで)しまう為
  • 軒樋(のきどい)の勾配不良により樋底(といぞこ)に水がたまり、冬場に凍害になってしまう

他に、植物やゴミがたまって詰まる、つなぎ目のズレなどがあります。

▲ 雨樋に枯葉や苔が詰まっている

▲ 集水器に植物が詰まっている

▲ 腐食のため曲がりのつなぎ目に隙間ができている

雨樋の欠損を放置するとどうなるのか

雨樋の欠損を放置してしまうと、破風板(はふいた)、外壁などに雨水がはねてしまいボロボロになってしまう場合があります。また、外壁のひび割れ、建物の基礎の劣化、瓦屋根への漏水や、隣家へ雨水が流れてしまい近隣トラブルになる場合もあります。

▲ 樋底(といぞこ)からの水漏れのため破風板(はふいた)や外壁が劣化してしまうこともある

雨樋修理の注意点

  • 屋根専門業者に依頼する(専門業者であれば建物の水平を確認した上で軒樋の勾配を取る)
  • 雪が多い地域では支持金物(樋金物)のピッチや、軒樋の形状、しっかりと雪止めが付いているかを確認する
  • 落葉が多い所では落葉よけの対策をしないまま取り付けると、毎年雨樋の掃除費用がかかってしまう(足場工事も必要となる)

雨樋修理の種類は、清掃、ひび割れ補修、一部パーツ交換、雨樋全体の交換、仮設足場などとなります。

雨樋修理の費用と期間

雨樋修理における雨樋交換の費用は、約150,000円〜250,000円となります。解体処分費を含みます。足場費用(約80,000円〜220,000円)は別途となります。
交換工事の期間は1日〜3日となります。

▲ 雨樋交換の作業風景(足場あり)

雨樋の人気メーカー

  • パナソニック
  • タニタハウジングウェア
  • デンカ
  • セキスイ

雨樋の種類は樋の形が丸いタイプや四角いタイプがあり、素材は塩化ビニルや塩化ビニル+金属の複合素材があります。また、支持金物(樋金物)の素材はポリカーボネート製やステンレス製があります。

雨樋修理と火災保険

雨樋修理は、火災保険の風災や雪害に該当する場合があります。
一方で、保険の利用を強く勧めてくる業者は、信用できないことが多いです。

仙臺屋根屋の特徴とサービス

  • 仙臺屋根屋では、屋根の形状、面積(雨水排水量)、屋根勾配を考慮した上で、居住地域に合わせた適切な雨樋を、ご予算に合わせてご提案いたします。
  • 修理・交換の範囲を、お客様と一緒に検討し、きちんと確認いたします。
  • 足場を組むかどうかで費用も工期も大きく変わるため、お客様に分かりやすくご説明いたします。
  • 施工においては、散水検査を行い、雨水の漏れの確認作業をし、雨樋がしっかり機能するかをチェックいたします。

仙臺屋根屋では、雨樋の1箇所の破損からご対応いたします。お気軽にお問い合わせください!

© 仙台市の屋根工事、外壁工事、雨漏り工事なら株式会社菊地板金工業
建設業許可番号:宮城県知事許可(般-3)第22640号|仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6098602号商標です

無料調査お見積