屋根リフォームroof

家の寿命を伸ばす屋根のメンテナンス。
金属屋根を中心に、瓦・スレート屋根の部分補修まで。しっかりと風雨の侵入を防ぎ、耐久性をアップします。

バリエーションが豊富な金属建材の特長を生かすリフォームなど、屋根に関するさまざまなご依頼にご対応いたします。
戸建・集合住宅の新築屋根にも豊富な実績がございます。また、日本瓦やスレートを用いた部分補修もご対応いたします。

1.カバー工法

別名は重ね葺き(かさねぶき)。既存の屋根の上から新しい屋根をかぶせる工法です。軽くて耐久性の高い金属建材を用いて、丈夫な屋根をつくります。
*日本瓦など大きな凹凸のある屋根や、傷みの進んだ屋根にはカバー工法は対応できかねる場合もあります。

主なメリット
既存の屋根を生かすため、廃材の撤去代がかからない等費用がおさえられます。また、工期は葺き替えなどに比べると一般的に1~2日程度短くなります。
なお、屋根材を横方向に「横葺き」する場合、屋根の強度が上がる効果もあります。これは縦方向の「垂木(たるき)」に、横長の屋根材を固定するため、垂木と屋根材が格子状になり屋根すじかいの代わりになります。
デメリット
将来のメンテナンスの時に、もとの屋根を撤去する必要がある場合があります。
co_2-1
Before
co_2-2
After

2.葺き替え(ふきかえ)

古くなった屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺きます。下地材も同様に確認し、傷んでいる場合には補修工事で対応します。最近は、日本瓦から軽量な金属屋根への葺き替えが人気です。

主なメリット
金属屋根は瓦屋根の約10分の1の重さのため、地震対策等に役立ちます。
デメリット
屋根を新品にするため、古い屋根の補修を重ねるよりも低コストになる場合もありますが、廃材の撤去等の費用がかかります。工期は屋根材の撤去等の日数分長くなります。
co_3-1
Before
co_3-4
After

3.部分補修

屋根の傷んだ場所に応じて、部分的に葺き替えたり、上から金属建材をかぶせたり、コーキング(穴埋め)するといった補修方法を行い、迅速・柔軟に工事をいたします。
bubunfukikae_01rooftype03_02

4.再塗装

屋根材の退色や表面の光沢が失われた時等に、屋根の汚れを取り除き、塗り直しを行います。塗料には防水性能や防カビ効果を強化したものなど多くの種類があり、その中から既存の屋根の塗膜と相性が合うものを選択します。

5.雨どい・雪止め補修など

壊れた雨どいパーツの取り替え、部分的な配管の補修を行います。また、雪止めパーツの取り替え工事、雪の落下を防ぐ雪ガードの工事、その他屋根まわりの補修も行います。
rooftype05_01rooftype05_02

菊地板金おすすめの金属屋根材をご紹介します。
いまどきの金属屋根の特長は、サビに強く、遮熱・断熱性にも優れ、ひび割れや凍害などにも強いことなどです。どのような金属材の施工も対応可能です。

1.ガルバリウム鋼板 - 注目の金属建材

2016年登場・新ガルバリウム鋼板 施工対応店

アメリカで開発された特殊な薄い鋼板です。亜鉛の腐食防止効果と、アルミニウム合金の耐久性、合金塗膜による遮熱・断熱性能がミックスされており、軽さ・耐久力・遮熱性、そして美しさにも優れた建材です。そのわりに価格も手頃なことから、リフォームやリノベーションに注目されています。
加工前の鋼板は長い1枚の形をしています。 私たちはこれを自社で断裁し、成型することで、さまざまなご案件にフレキシブルに即時対応しています。

roofmaterial01_01roofmaterial01_02

2.金属瓦 - 日本屋根の外観そのままに屋根を軽く

ガルバリウム鋼板などを成型した金属製の瓦です。重量は瓦屋根の6分の1~10分の1程度と軽く、丈夫です。また、鬼瓦や軒先瓦といった日本屋根特有のパーツが揃うため、伝統的な日本屋根にも引けを取らない外観になります。近年はモダンなj和風建築にも使われています。

co_5-3roofmaterial02_02

3.自然石粒付鋼板 - 快適性能と美観にこだわる屋根に

ガルバリウム鋼板やガルバリウムと似た特長を持つジンカリウム鋼板などの表面を、天然石などの細かな粒でコーティングした高級金属屋根です。石の表面は退色にも強く、さらに遮熱・遮音効果もひときわ高いことが特長です。工期は、経社では通常のガルバリウム鋼板等の施工とほぼ変わりません。何といっても高級感のある仕上がりにご満足度の高い屋根材です。

gl_3-2roofmaterial03_02

もっと詳しく・・・「取扱い商品」のページへ

20 年保障 新ガルバリウム鋼板 施工対応

屋根の劣化が小さいうちに対処すれば、より少ない工事費で済むことがあります。下記のような症状を見つけたら、気軽に無料診断をお申しつけください。

1.サビ(金属材の屋根)

屋根の表面に斑点が見える状態で腐食といいます。金属の材質により、色は赤サビ、黒サビなどさまざまです。(高品質な銅板で葺いた屋根の緑青は除きます)
また、枯葉などのゴミがたまった場所、屋根材の継ぎめなどから、色水が流れ出したような跡が残っているときにもサビが考えられます。屋根材の皮膜がはがれて防水性能が下がっていることがあり、注意が必要です。

timing01_01timing01_02timing01_03

2.風音

長年の使用で屋根材がズレたり、強風などが原因でめくれたりしている部分があると、ここから風音がすることがあります。屋根材のズレは経年劣化のサインです。雨漏りが起きていなくても屋根に水が浸入していることがあるため、早めの点検をおすすめします。

timing02_01timing02_02

3.屋根材のズレ(日本瓦・スレートの屋根など)

瓦やスレート(カラーベスト)などにズレや浮きが見えたら、固定材(葺き土・漆喰など)の劣化が考えられます。スレートの屋根の複数の留め金具にサビが見えるときは、水を引き込んでいる場合があります。なお、コケや雑草の根も屋根を傷める原因になりますので、早めの対策が必要です。

timing03_01timing03_02

4.表面の傷み・ヒビ

屋根材の表面が傷んでいたり、数ヶ所にヒビがあるときは屋根材の取り替えどきです。(ヒビは屋根に物が当たったときなどにも生じることがあります)
また、20年ほど前の施工では、屋根の下に張るルーフィング(防水シート)に、フェルトという素材が使用されていました。フェルトは現在のゴムアスファルト製のルーフィングと違い、屋根材を固定する釘穴への「シール性」(ゴムなどが復元しながら穴を塞ぐ性質)がほとんどありません。釘穴の周辺から劣化が進むことがあり、ルーフィングの張り替えも視野にいれた点検をおすすめします。

timing04_01timing04_02

JP屋根屋さんJP屋根屋さん

© 2016 株式会社 菊地板金工業|仙臺屋根屋®の名称およびロゴは登録第6098602号商標です